よくいただく質問(FAQ)

 
 
音楽の好きな方、声を重ねた響きを楽しめる方であれば、MORZでいい時間が過ごせると思います。楽譜は読めた方がいいことは確かですが、何度も歌って体で覚えていくことも大事だと思います。重視している発声訓練については、毎回基本から繰り返し練習していきます。

 
 
MORZは月2回の土曜の夜を基本に練習をする合唱団です。「土曜の夜は絶対無理!」という方には率直にお勧めしませんが、団員の立場や職種も多種多様で、それぞれ何らかの折り合いをつけて練習に参加しています。 また、転勤、出産、育児といった事情で休団した後、数か月~数年後に復帰した人も、男女を問わずいます。最も休団期間の空いた例として20年後の復帰という人もいます。

 
 
大事な質問ですね。団費として月に3,000円をいただいています。使途は、練習会場費、指揮者・ピアニストの先生への謝礼、演奏会に向けての積立て(少しずつですが)に充てられます。また、新たに楽譜を購入する場合は、一定額をいただきます。
入団費はありません。練習後の飲み会やイベントに参加した場合はその都度お支払いください。 演奏会開催に際しては、これまでの平均で2万円程度を臨時に徴収しています。(チケットノルマではありません)  

 
 
参加できます。団費に関しては「夫婦割引」「親子割引」「学生割引」があります 。一緒に練習に参加する夫婦・親子は、一人あたり月500円を割り引きます(例:夫婦2人で参加:3,000円/月×2→2,500円/月×2)。育休その他の事情で休団の場合は、在団中の方の割引適用はありません。大学生は3,000円→1,000円(2,000円割引)、高校生以下は全額割引です。
 

 
 
通常の練習終了後は、何人かが居酒屋に寄ったりしています。また、練習のない週末の連休を利用して、泊まりがけで温泉やスキーに行くこともあります。もちろん参加は自由で、強制するものではありません。 比較的“まじめな”ツアーとしては、その時取り組んでいる曲の作者にちなんだ場所を訪ねるツアーを企画することもあります。 

 
 
都や区の合唱祭への出演は基本的に私服です。ドレスコードは“アロハに短パン、ビーサン”以外は何を着ていても結構です。 演奏会の時は、男性は上下黒のスーツに蝶ネクタイ、女性は白のブラウスに黒のロングスカートを着ています。ステージによっては廉価なポロシャツ等をまとめ買いしてそろえる時もあります。

 
 
あります。これまでに、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ラテン語などの曲を取り上げています。2013-2014年にかけてはラテン語のミサ曲を歌い。2015年から2017年春まではドイツ語曲でした。2018年から2019年前半は日本語曲とドイツ語が混じった曲でした。2019年後半からは日本語曲の他、ラテン語の曲を予定しています。外国語曲の場合は発音についても確認しながら進めていますので、しゃべれなくても大丈夫です。むしろ、訳詞を楽譜に書き込んで、詞の意味を理解しながら歌うことが大事だったりします。

 
 
ビールは沢山飲みます(飲む人がいます)が、特定銘柄との関係は一切ありません(あっちはMALT'Sです)。お酒が苦手な団員もいますし、飲めなくても無理強いはしません。タバコを吸う人はいないようです。団名の公式な由来は、作曲家MOZARTのスペルをいじった結果ということになっています。

 
 
ありがとうございます。ご自分でMORZを感じてから結論を出していただくのが一番です。 興味のある方はこちらで連絡先の確認を。 練習中は、自分のパート(初めての方は男女程度の区分けで)に近い席にお座りいただきます。マンツーマンでも行う発声練習は別として、曲に取り組んでいる時はあまり声をかけないこともありますが、無視している訳ではなくて、自分が歌うのに精一杯だったり声かけが恥ずかしかったりするだけです。

 
 
このホームページでも流れるようにしていますが、基本的には団員用のメーリングリストで発信しています。Twitterの公式アカウント(@MORZ_chorus)は、基本的に練習報告用です。 入団の意向を表明いただいた方には、入団届をご記入いただく際にメールアドレスをお聞きしています。

 
 
はい。@morz_chorus で、ブログの更新報告、たまに本番の実況連投をするだけです。ご容赦ください。興味のある方は、こちらのサイトで情報を入手いただくか、見学にいらしてぜひ練習をご体験ください。

最終更新日:2019.8.14