合唱団MORZ(モルツ)公式サイトです




私たちのめざす音楽

 東京都内にはアマチュアの合唱団が300以上あると思われます*。老若男女を問わずさまざまな団体が各地で日々、声を合せています。そんな中で、MORZはどんな合唱団なのでしょうか。こちらの説明にあるように、月2回の土曜日夜の練習を基本としています。他の団に比べれば少ない方かもしれませんが、ただ漫然と集まるだけではありません。

 MORZの音づくりは、発声指導による声づくりを土台として、曲の音取り、曲想づくりへと続きます。「小学校のクラス合唱以来」というほぼ初心者も、合唱歴が20年以上にもなるベテランも、取り組むことに変わりはありません。

 練習風景は賑やかです。細かいボケや突っ込み、笑い声も絶えません。練習の見学にいらした方からは「楽しそう」という感想がよく聞かれます。そこにいる時間が楽しいことが、MORZの特徴です。

 とはいえ、響きの高みを目指す姿勢を疎かにするものではありません。全体で、パート内で、パート間で、そして自らと向き合いながら音を練り上げるのです。

* 東京都合唱祭に参加する団体数が、パンフレットを数えたらだいたい300を超えてました。なので。



常任指揮者 石野健二
声楽家・宇都宮大学前教授

団員・練習責任者 佐藤誠孝
体育会系営業の傍ら指揮を振る